ペプチド成分で肌に栄養を

肌の再生=自活力の向上 ペプチド成分

肌の再生を目的とした 「プラセンタ」「加水分解コラーゲン」「ダイズ種子エキス」「カッコンエキス」「アロエベラエキス」。

保湿を目的とした 「ヒアルロン酸Na」「グリセリン」「BG」

保水性を目的とした「クラドシホンノバエカレドニアエエキス」 など無駄な成分を使わず目的を決め配合しました。

アセチルヘキサペプチド(アルジリン)とは?
塗るボトックスと言われ、6個のアミノ酸が連なったタンパク質。(ペプチドに酢酸が結びついた物質)。ボトックス注射と同様の働きをする成分として開発された成分。
ボトックス注射とは?
ボツリヌス菌毒素から抽出した成分を皮膚下に注射する表情ジワの改善などで美容の治療として多く利用されています。
ボツリヌス菌の毒素はアセジルヘキサペプチドと同じ様に筋肉の神経伝達を抑制する働きがあり、筋肉の緊張を抑えることでしわの改善をはかるものです。
シワや肌の加齢の原因
肌のシワなど原因は顔の表情を作りだす表情筋の神経が緊張し硬くなるのが原因といわれ、その表情筋を緊張させるカテコールアミンという神経伝達物質の過剰な分泌が原因といわれています。
ペプチドの効果
アセチルヘキサペプチド-3は、表情筋を緊張させるカテコールアミンという神経伝達物質を適切に低減させる作用があるため、表情ジワを大幅改善できると言われています。
神経伝達物質“カテコールアミン”の放出を抑制し筋肉の緊張を緩和、表情ジワを軽減する作用があり、近年では塗るボトックスとも呼ばれています。
bacanaの洗顔・化粧水の成分を確認する